欠勤連絡フローチャート

()きたらこんな時間!寝起(ねお)きから体調(たいちょう)不良(ふりょう)…休むか出社するか非常(ひじょう)(なや)ましい問題(もんだい)です。休んでおかないと会社で不調(ふちょう)になれば迷惑(めいわく)がかかってしまうし、かといって休みが(つづ)くと評価(ひょうか)にも(かかわ)る上に業務(ぎょうむ)()わらなくなってしまうかも。(なや)みは()きないですが、出勤(しゅっきん)するか欠勤(けっきん)するかの選択(せんたく)早急(そうきゅう)にしなくてはいけません。欠勤(けっきん)ならば欠勤(けっきん)連絡(れんらく)を会社に入れなくてはいけませんし、出勤(しゅっきん)するにしても遅延(ちえん)連絡(れんらく)は、早ければ早いほどベターです。

切迫(せっぱく)した状況(じょうきょう)でベストな選択(せんたく)をするのは、簡単(かんたん)なことではありません。動揺(どうよう)もしていることが予想(よそう)されますし、何より体調(たいちょう)不調(ふちょう)であれば、冷静(れいせい)な思考力や判断力(はんだんりょく)(うしな)っているかもしれません。災害時(さいがいじ)(そな)えと()ていますが、緊急時(きんきゅうじ)対応(たいおう)日頃(ひごろ)から見えるところに掲示(けいじ)するなど気に()めておく、心構(こころがま)えをしておくことが必要(ひつよう)です。あくまで参考(さんこう)ではありますが、欠勤(けっきん)連絡(れんらく)のフローチャートを作成(さくせい)しました。判断(はんだん)にあたっては、それぞれの事情(じじょう)環境(かんきょう)勤務(きんむ)している会社の方針(ほうしん)など多くの要素(ようそ)関係(かんけい)してきます。これを参考(さんこう)自分自身(じぶんじしん)のフローチャートを作成(さくせい)してみるのもいいかもしれません。

(そな)えあれば(うれ)いなし。欠勤(けっきん)連絡(れんらく)(もと)められる場面(ばめん)は、緊急時(きんきゅうじ)にほかなりません。(うれ)う時間はありません。体調(たいちょう)不良(ふりょう)悪化(あっか)させてしまう、自分の評価(ひょうか)を大きく()としてしまうことにならないよう準備(じゅんび)しておきましょう。

欠勤連絡フローチャート