トライアル雇用を知っていますか?

求人票(きゅうじんひょう)に「トライアル雇用(こよう)」と記載(きさい)されているのを見たことがありますか?

「トライアル雇用(こよう)」は、簡単(かんたん)説明(せつめい)するとトライアル=(ため)しに雇用(こよう)するという意味(いみ)です。

就業(しゅうぎょう)経験(けいけん)のない人や、職業(しょくぎょう)経験(けいけん)が少なく知識(ちしき)技能(ぎのう)が十分にないと考えられる、安定(あんてい)した職業(しょくぎょう)()くことが(むずか)しい求職者(きゅうしょくしゃ)一定(いってい)期間(きかん)(原則(げんそく)3ヶ月間)()()れ、雇用(こよう)するか(いな)かを見極(みきわ)める()()みです。

求職者(きゅうしょくしゃ)就職(しゅうしょく)目指(めざ)す人)にとっては、未経験(みけいけん)職業(しょくぎょう)にも挑戦(ちょうせん)できるチャンスであり、試用(しよう)期間(きかん)()た後に常用(じょうよう)雇用(こよう)への移行(いこう)(りつ)が高いなどのメリットがあります。

また企業側(きぎょうがわ)にとっては、まだ職業(しょくぎょう)経験(けいけん)(あさ)く、活用できるスキルも少ない求職者(きゅうしょくしゃ)最初(さいしょ)から常用(じょうよう)雇用(こよう)することに不安(ふあん)がある場合に重宝(ちょうほう)するだけでなく、奨励金(しょうれいきん)支給(しきゅう)されることや、適性(てきせい)をより明確(めいかく)判断(はんだん)できることがメリットです。

一定(いってい)のお(ため)期間(きかん)(もう)けることで、お(たが)いにミスマッチのリスクを軽減(けいげん)できる制度(せいど)と言えるでしょう。

(なお)、トライアル雇用(こよう)には、一般(いっぱん)トライアル雇用(こよう)とは(べつ)障害者(しょうがいしゃ)トライアル雇用(こよう)制度(せいど)があります。

トライアル雇用こようとは?

トライアル雇用こようとは、公共職業安定所こうきょうしょくぎょうあんていじょ(ハローワーク)の紹介しょうかいによって、特定とくてい求職者きゅうしょくしゃ短期間たんきかん試用期間しようきかんもうけて雇用こようし、企業側きぎょうがわ求職者側きゅうしょくしゃがわ相互そうご適性てきせい判断はんだんしたあと両者りょうしゃ合意ごういすれば本採用ほんさいようが決まる制度せいど

メリット:
・まったくその業種に経験が無くても応募する事ができ、技術を習得することができる。
・企業は試用期間の間に適性を判断でき正常な雇用ができる。
・奨励金が支給されるため、通常の採用に比べて人件費が抑えられる。


デメリット:
・本制度が企業にあまり認知されていない、あるいは類似の制度が数多くあり手続きが煩雑などの理由から企業で広く利用されているとは言いがたい。
・トライアル雇用には求職者と企業に条件があるため、その条件に適合する必要がある。
・トライアル雇用終了時に企業側が不適合だと判断すれば雇用終了となり、3ヶ月という短い職歴を作ることになってしまう。
・少数ではあるが企業側が制度を悪用するケースがある。
正社員にすれば人件費負担が増えるためで、トライアル制度を利用することで人件費を抑えるため、あえて正社員雇用しない等のケースもある。
また、繁忙期に派遣社員代わりにこれを利用し人件費を抑えるケースも存在する。
・トライアル雇用は人件費を抑えて人を採用できるが、逆に言えば本制度を利用する企業は脆弱な財務体質の会社と捉えることもできる。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

賛否両論(さんぴりょうろん)ありますが、未経験(みけいけん)就業(しゅうぎょう)経験(けいけん)の少ない人の就労(しゅうろう)をサポートしたい!という思いでトライアル雇用(こよう)積極的(せっきょくてき)企業(きぎょう)があるというのも、1つの事実(じじつ)です。トライアル雇用(こよう)求人(きゅうじん)については、求人票(きゅうじんひょう)照会(しょうかい)する(さい)にハローワークの方から説明(せつめい)()けますが、不安(ふあん)不明点(ふめいてん)がある時は質問(しつもん)するといいでしょう。よく理解(りかい)していないまま、ということがないようにしたいものです。

紹介日時点しょうかいびじてんで、次の方はトライアル雇用こよう対象者たいしょうしゃにはなりません。
  • 安定した職業に就いている人
  • 自ら事業を営んでいる人または役員に就いている人で、1週間当たりの実働時間が30時間以上の人
  • 学校に在籍中で卒業していない⼈(卒業年度の1月1⽇以降も卒業後の就職の内定がない⼈は対象となります)
  • 他の事業所でトライアル雇用期間中の人

一般いっぱんトライアル雇用こようなが


厚生労働省 資料より『トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)のご案内

障害者しょうがいしゃトライアル雇用こようなが

厚生労働省 資料より『障害者トライアル雇用に関する助成内容を拡充しました

厚生労働省 資料より『障害者トライアル雇用に関する助成内容を拡充しました