就職活動 身だしなみチェック

会社説明会(せつめいかい)面接(めんせつ)のときの()だしなみは、(だい)印象(いんしょう)を左右する重要(じゅうよう)なポイントです。相手(あいて)好印象(こういんしょう)こういんしょうをもってもらえるよう、事前(じぜん)にしっかり確認(かくにん)して準備(じゅんび)しておきましょう。

求職(きゅうしょく)活動中(かつどうちゅう)のあなたが、新卒(しんそつ)なのか、中途(ちゅうと)採用(さいよう)なのか、年齢(ねんれい)によっても期待(きたい)される服装(ふくそう)、いわゆる無難(ぶなん)服装(ふくそう)(こと)なります。(ねら)っている業務(ぎょうむ)内容(ないよう)がオフィスでの一般(いっぱん)事務(じむ)なのか、工場などでの作業(さぎょう)スタッフなのかなど、業務(ぎょうむ)内容(ないよう)によっても(この)まれる服装(ふくそう)(こと)なります。

()だしなみを整理(せいり)することは、面接官(めんせつかん)(はたら)きたいと思っている職場(しょくば)(たい)して敬意(けいい)誠意(せいい)意欲(いよく)無言(むごん)でアピールする手立てです。

一緒(いっしょ)(はたら)きたい!と思ってもらえる(ふく)(そう)ってどんなものだろうと考えてみてください。自分ひとりで考えるのは(むずか)しいという時は、周囲(しゅうい)意見(いけん)(もと)めてみるといいでしょう。相手(あいて)が何を(もと)めているのか分からないけれども、自分自身(じぶんじしん)が一番よく見えるような(ふく)(えら)ぼうということでもいいかもしれません。

ここには、一番ベージックな就職(しゅうしょく)活動時(かつどうじ)()だしなみを整理(せいり)して(なら)べておきたいと思います。①自分に似合(にあ)うこと②(はたら)きたい職場(しょくば)似合(にあ)うこと③清潔感(せいけつかん)があることが重要(じゅうよう)です。以下(いか)()げたベーシックな()だしなみポイントを参考(さんこう)にしつつ、自分なりの必勝(ひっしょう)()だしなみチェックを楽しみながらやってみましょう。

だしなみのポイント【男性】

髪型かみがた

清潔感(せいけつかん)のあるすっきりした髪型(かみがた)(この)ましいでしょう。長髪(ちょうはつ)茶髪(ちゃぱつ)はNGです。就職(しゅうしょく)したい職場(しょくば)の中に長髪(ちょうはつ)茶髪(ちゃぱつ)の人がいたとしても、一般的(いっぱんてき)黒髪(くろかみ)でまとめられているものが(この)まれることは(おぼ)えておきましょう。入職(にゅうしょく)してから、「(かみ)()めるのってどうでしょうか」と同僚(どうりょう)上司(じょうし)(たず)ねてみるのもいいでしょう。長い(かみ)を切りたくない!という人は、(たば)ねるなど工夫(くふう)することをおすすめします。流行(はや)りのスタイリングも()けた方が無難(ぶなん)。当日は()ぐせのないように気をつけましょう。

(ひげ)はしっかり()っておく、(まゆ)はあまり(ととの)えすぎずに自然(しぜん)に見えるようにというのが無難(ぶなん)です。

スーツ

濃紺(のうこん)()いグレー・黒といった色を(えら)びましょう。華美(かび)(かざ)りや派手(はで)なボタンなどは()けた方がいいでしょう。(ひさ)しぶりにスーツを()る場合は、自分の体形に合っているかどうか(かなら)事前(じぜん)確認(かくにん)しておきましょう。

シャツ

白い長袖(ながそで)のワイシャツが基本(きほん)です。しっかりアイロンをかけてしわのないようにしておきましょう。もちろん、シミや(よご)れはご法度(はっと)です。

ネクタイ

ピンクやイエローなどの派手(はで)な色やキャラクターものなど()が目立つデザインはNGです。ビジネスマナーに(はん)しない色・デザインで自分らしいものを(えら)びましょう。ネクタイが(ゆる)んでいたり形が(くず)れているとだらしない印象(いんしょう)になるので、きちんと(むす)べるようあらかじめ練習(れんしゅう)しておきましょう。

靴下くつした

椅子(いす)(こし)かけると靴下(くつした)は目に入りやすいので、黒(けい)(はだ)が見えない長さの(もの)(えら)びましょう。白などの明るい色よりはスーツの色に合わせた()い色を(えら)んだ方が、()()いて見えますし、足長効果(こうか)期待(きたい)できますね。

くつ

スーツに合うのは黒の革靴(かわぐつ)定番(ていばん)です。(よご)れていないかどうか確認(かくにん)しておくこと。出かける前に(くつ)用スポンジで(みが)いておくと、とっても印象(いんしょう)がいいと思います。足元まで準備(じゅんび)バッチリ!となると自信(じしん)()てますよね。

カバン

(けい)でA4サイズの書類(しょるい)が入る大きさのカバンが基本(きほん)です。シンプルなものを(えら)びましょう。入職(にゅうしょく)後も仕事(しごと)でビジネスバックを使(つか)うことが予想(よそう)される場合は、(とく)機能的(きのうてき)なものがいいでしょう。

だしなみのポイント【女性】

髪型かみがた

長い(かみ)はすっきりとまとめましょう。 (たば)ねる時は、ヘアゴムなどは華美(かび)でない地味(じみ)なデザインのものを(えら)びましょう。 前髪(まえがみ)(がく)(まゆ)(かく)しすぎないように気をつけましょう。 明る()ぎるカラーリングはNGえぬじーです。 ちょっとしたおしゃれは歓迎(かんげい)される場合もありますが、自己(じこ)評価(ひょうか)でなく周囲(しゅうい)(だれ)かに他者(たしゃ)評価(ひょうか)してもらう機会(きかい)()った方がいいでしょう。

ナチュラルメイクを心がけましょう。 ノーメイクはかえってマナーに(はん)します。 普段(ふだん)メイクしない!という方も、ほんのり色づくリップクリームなどもあります。 きちんとした()だしなみをしようと心がけているんだなと(つた)わることは大切なアピールポイントです。

スーツ

色は濃紺(のうこん)()いグレー・黒が主流(しゅりゅう)です。 シンプルなデザインのものを(えら)びましょう。 スカートの場合は、椅子(いす)(こし)かけた時に(すそ)すそが上がりすぎてしまわないかどうかなどを確認(かくにん)し、ちょうどよい(たけ)のものを(えら)びましょう。

シャツ

白い長袖(ながそで)のワイシャツが基本(きほん)です。 しわのないようにアイロンかけをしておきましょう。 (くら)い色のシャツは()けた方がよいです。 自信(じしん)()てる(ふく)(えら)びをしましょう。

ストッキング

色はベージュ(けい)(えら)びましょう。 (くら)い色や(がら)ものは、()けた方がいいでしょう。 伝線(でんせん)してしまった時のために予備(よび)のストッキングは(かなら)()っていきましょう。

くつ

自分の足に合った歩きやすい(くつ)(えら)びましょう。 黒か茶系(ちゃけい)革靴(かわぐつ)で、派手(はで)でない清潔感(せいけつかん)のあるデザインがよいでしょう。

カバン

A4サイズの書類(しょるい)が入る大きさで、スーツや(くつ)とのバランスのとれた黒や茶系(ちゃけい)(えら)びます。 緊張(きんちょう)している時に(あつか)いにくいカバンだと余計(よけい)緊張(きんちょう)してしまうかも。 機能性(きのうせい)重視(じゅうし)でシンプルなものが無難(ぶなん)です。

その他

アクセサリーをつける場合は、シンプルなデザインのものを(えら)びましょう。 ネイルをするならクリアやベージュのような目立ちにくい色にしておくことがいいでしょう。 受付(うけつけ)事務(じむ)接客(せっきゃく)業務(ぎょうむ)の時は、ちょっとしたおしゃれは(この)まれます。 ただ、調理(ちょうり)作業(さぎょう)があるところや子どもや高齢(こうれい)の方と()()仕事(しごと)の場合は、アクセサリーは安全(あんぜん)管理(かんり)のため絶対(ぜったい)厳禁(げんきん)です。 ()けた方がいいでしょう。