(ビジネス向け)年賀状の書き方

仕事(しごと)関係(かんけい)年賀状(ねんがじょう)って出しますか?

年賀状(ねんがじょう)(=年賀(ねんが)挨拶(あいさつ)を書いたもの)ですが、発祥(はっしょう)は、諸説(しょせつ)あるものの平安(へいあん)(ころ)からあったといわれています。

日頃(ひごろ)、顔を合わせられない人だったり、遠方(えんぽう)の人だけに(おく)るものだといった話もありますが、「お世話(せわ)になった人への年賀(ねんが)挨拶(あいさつ)」だと思うので、(とく)就職(しゅうしょく)してすぐの人は、何かと教えていただくことが多く、上司(じょうし)先輩(せんぱい)にお世話(せわ)になっているはずなので、近く会う予定(よてい)があっても、年賀状(ねんがじょう)(おく)るというのは、ていねいでよいかもしれません。


宛名あてな敬称けいしょうはどうする?

だれ()てに書くのか?個人(こじん)(ex.山田花子)に()てて書くのか、企業(きぎょう)(ex.山田株式会社(かぶしきがいしゃ)、山田株式会社(かぶしきがいしゃ)営業部(えいぎょうぶ))に()てて書くのか、によって宛名(あてな)(名前)の後につける敬称(けいしょう)()わってきます。

  • 個人名(こじんめい)(さま)
  • 個人名(こじんめい)+先生
  • 個人名(こじんめい)役職名(やくしょくめい)殿(どの)役職(やくしょく)を書く場合のみ)
  • 企業名(きぎょうめい)御中(おんちゅう)
  • 企業名(きぎょうめい)部署名(ぶしょめい)御中(おんちゅう)
  • 団体名(だんたいめい)御中(おんちゅう)

賀詞がしかならず、書くことが必要ひつよう

年賀状(ねんがじょう)は、賀詞(がし)という年賀(ねんが)挨拶(あいさつ)必要(ひつよう)です。「謹賀新年(きんがしんねん)」「迎春(げいしゅん)」「賀春(がしゅん)」「新春のおよろこびを(もう)()げます」「あけましておめでとうございます」などです。賀詞(がし)は、1(まい)に1つ、本文より大きく書くのが決まりです。

  • 平素のご無沙汰をお詫び申し上げます皆様にとりまして幸多き一年となりますよう心からお祈りいたします
  • 皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
  • すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます本年もどうぞよろしくお願いいたします
  • 昨年中はいろいろとお世話になり心よりお礼申し上げます今年もどうぞよろしくお願いいたします
  • 旧年中は色々とご交誼をいただき誠に有り難うございました本年もよろしくお願い申し上げます
  • 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます昨年は大変お世話になりありがとうございました。
    皆様のご多幸を心よりお祈りいたします
  • お健やかに初春をお迎えのことと存じます旧年中はいろいろとお世話になり誠に有り難うございました。
    本年も何卒よろしくお願い申し上げます
  • 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

手書きがいい?印刷いんさつ

やっぱり、手書きがいいという声もありますが、印刷(いんさつ)でもオリジナルの年賀状(ねんがじょう)作成(さくせい)するスキルがある人なら、挑戦(ちょうせん)してみるのもいいかもしれません。年賀状(ねんがじょう)のデータ作りは、上手(うま)くできたけれど印刷(いんさつ)はどうしよう?年賀(ねんが)はがきに印刷(いんさつ)したい!という時は、なかなか印刷(いんさつ)もコツがいりますよね。

また、自宅(じたく)コピー(こぴー)()のない人は、コンビニなどの印刷(いんさつ)サービスを利用(りよう)して印刷(いんさつ)しなくてはいけません。コンビニで、はがきを()()みできる場合もあるので、保存(ほぞん)するデータの形式(けいしき)保存(ほぞん)するメディアなど確認(かくにん)しておきましょう。