メンタルヘルスについて

働く私たちの周辺のこと、労働環境の今を考えてみる

長時間労働・過労の状態化

日本では、古くから長く仕事場にいることが推奨される風潮があります。「残業」は、本来ならしてはいけません。与えられた時間で与えられた仕事をすることを目指していく必要があります。

非正規労働者の増加

非正規労働者(パート・アルバイト)は、働き方の1つ。これまで多かった正規雇用(フルタイム)だけでなく、それぞれの働き方や事情のある人たちが一緒に働く現場では、お互いの歩み寄りが必要です。

労働環境の悪化

「ワンオペ(=1人で全部の業務をする)」「やりがい搾取(=やりがいを理由に安い給料を強要する)」1人が担う仕事量は、どんどん増えています。

過労死について

過労自殺してしまう人に対して、「そんなになる前に辞めればいいのに」という声もありますが、精神的に追い詰められていくと、病的なメンタル状態になり、正常な判断はできません。選択肢が、狭くなっていく中で 「この苦しみから解放されるには死ぬしかない」と追い詰められていくのです。そうした状態にある時に、自分から退職を選ぶ判断は難しいものです。


メンタルヘルスって?そもそも「こころ」って何?

(図解)メンタルヘルス
  • 「こころ」は、私たちの一部です。
  • 「手」や「足」のように目に見えません。
  • 「顔」のように鏡や写真でも見ることができません。

「こころ」は脳の働きによって生まれるもの

何億もある脳の神経細胞が精神的な活動を支えています。つまり、「こころが壊れる」というのは、脳が損傷している状態にあるということです。小さな損傷は回復可能ですが、損傷が大きい場合、医療は自然に必要になってきます。

メンタルヘルス(こころの健康)を保つためにケアの方法は?

(図解)4段階のメンタルヘルスケア

メンタルヘルス(こころの健康)を保つために、上にある4つのケアが大切といわれています。まず、できること、すべきことは①セルフケアです。自分で自分をケアすること。具体的にどうすればいいのか?さまざまな方法があると思いますが、ここでは2つ提案しておきます。

  1. ストレスに気付く
  2. 自分を知っておく
    → 自分って今どんな状態?  しんどい、絶好調、地味につらい、ちょっとイライラ・・・

まず、ストレスに気付く

とにかく、ストレスってダメなものなのか?というと、そうでなく、ハンス・ハリエという人の名言「ストレスは人生のスパイス」にあるように生きていくのに必要なものです。全くストレスがない状態というのも、いい状態ではなく、適度なストレスが必要です。

ストレスを感じるとどうなるのか?

  1. 体調不良型(肩こり、頭痛、腰が痛い)
  2. ゆううつ型(心配なことが頭から離れない、自信がない)
  3. イライラ型(緊張、少しのことでカッとなる、ウワサが気になる)

例えば、3つのタイプに分けるとしたら、あなたはどれですか?自分がストレスを感じるとどうなるのか?を知っておくことは必要です。

それぞれのタイプに応じて、例えば体調不調型なら温泉や体を温めるなど療養する、ゆううつ型なら甘いものやペットなどに癒される時間を持つ、イライラ型ならスポーツ観戦やカラオケなどでストレス発散など対処法も変わってきますよね。


さらに、自分を知っておく

自分にとって、どんなことがストレスなのか、どんなことが心地よいのかを知っておくということです。どういう考え方をする人間なのか、意外と自分のことを自分で説明しにくいものです。ストレスを感じやすい部分を知っておけば、ストレスが高まっても、慌てずにいられますし、対処も早く行うことができます。


ストレスチェックや自分を知ることに役立つサイトやツールをリンクしています。ぜひご活用ください。